株式会社日本生活介護 
〒176-0001 
東京都練馬区練馬1-20-2 
電話 03-3991-8440 
FAX 03-3991-8441
 

地図 
  Last Updated 7 June 2013  
NEW小規模多機能を始めよう 東京都福祉サービス第三者評価受付中
「有料老人ホーム+デイサービス」M&A物件情報

My Dayservice
Common Ground
「福祉と自由」
掲示板
セミナー情報
NEW小規模多機能
デイサービスを始めよう
私の始めたデイサービス
管理者養成研修
東京都第三者評価
ライブラリーファイル
ひぐらしのいえ
会社案内

リンク
福祉施設リンク

 
関連出版物
「介護労働覚書」
(長崎浩)
勉強会「福祉と自由」
のテキストです。
「福祉の崩壊と介護労働」
月間『社会運動』341
(2008/8/15)に書いたものです。
副題は、「『第三者評価』が
評価しないもの」
「小規模多機能事業所と
社会的企業
‐制度からはみでるもの‐」

昨年8月、社会的企業研究会での講演です。雑誌『社会運動』に掲載されました。
おわりに
「小規模多機能の意味論」
2006.10
岩下清子/島田千穂
/佐藤義夫共著
  目次 おわりに
雲母書房1,890円
「あなたが始めるデイサービス」
「あなたが始める
デイサービス」

2001/10
いらはら診療所/日本生活介護共著
まえがき・目次
雲母書房
1,890円
『続 あなたが始めるデイサービス」
「続 あなたが始める
デイサービス」

2004/12
佐藤義夫/木村直子共著
雲母書房
1,890円
目次
「在宅介護をどう見直すか」
「在宅介護をどう
見直すか」

2002/10
佐藤義夫著/岩波ブックレット
500円
目次
「顔の見える介護保険」
「‐NPOの事業戦略‐
顔が見える介護
保険」

2000/6
佐藤義夫著/光芒社
1,600円(税別)
「介護者のための感染症マニュアル」
「介護者のための
感染症マニュアル」

2003/4
いらはら診療所/日本生活介護共著
雲母書房
1,575円
「新しい介護」
「新しい介護」
2003/6
三好春樹/太田仁史 監修/著
講談社
3,800円(税別)
「動作の意味論」
「動作の意味論
‐歩きながら考える」

2005/1
長崎浩著/雲母書房
価格:2,415円
「思想としての地球
-地球環境論講義」

2001/10
長崎浩著/太田出版
2,940円
リバイアサンをわが手に、著者あいさつ
「リバイアサンをわが手に」
‐保革政治にどう勝利するか

1976/9
S.オルフェウス/源流社
1,000円
目次
 
「政治の現象学」?版復刻
1960年代から70年代にかけて、世界同時的に若者による異議申し立て運動が…
 
おしらせ
看護求人センターと提携しました。
これまで、「生活リハビリを導入している施設で働きたい」「納得のできる介護をしたい」「小規模デイサービスで働きたい」など、多くの人から就職の依頼がありましたが、免許がないために、対応できませんでした。、そして、このたび、株式会社「看護求人センター」と提携して積極的にお仕事の紹介ができるようになりました。ぜひご活用ください
友人が始めた面白いサイトです。
特技を持ったシルバーがたくさん登場してきます。
腕に覚えのある方はぜひご登録を。
私の始めたデイサービス
イタリア ボローニャの「バルカ老人センター」
リタイアした元気な労働者であった年金生活者たち(メンバー1,500人)の自主管理・運営のデイサービスセンター。
日本生活介護プロフィール
佐藤義夫(代表取締役)
1951年東京生まれ。
東北大学文学部哲学科
都市科学研究所、医療法人財団石心会を経て、現在に至る。
株式会社ケア・アクシス取締役
AHLA(もうひとつの住まい方推進協議会)幹事
生活サポート生協・東京理事
NPO法人 サマリア理事

三好春樹(取締役)
1950年広島県生まれ。PTとして特別養護老人ホームに勤務後「生活とリハビリ研究所」開設。
生活とリハビリ研究所代表

小野瀬義裕(監査役)
生活協同組合アイコープみやぎ副理事長

長崎浩(顧問)
元東北文化学園大学教授

石井瑛禧(顧問)
医療法人財団石心会理事長
地域医療研究会代表世話人

黒岩卓夫(顧問)
医療法人社団萌気会理事長
東京都福祉サービス第三者評価
本生活介護の第三者評価事業です。詳細はこちらでご覧下さい。
速報!2009年12月12日、ひぐらしの家に鳩山総理がきました。
(写真の提供はブリコラージュ編集部)
鳩山総理が安西さんと握手をしているところ
「いい男だねえ」と利用者から言われた鳩山総理
ひょうたんカフェに行ってきました。豆腐店が立派になっていました。

ポーズをとる橋本さんです。
「ほっと・ハウス・豊玉」」(東京都練馬区)開設3周年記念式典
一同の記念写真です。なんとなくセピア色ですね。
「こたつ」と「いしいさんち」が新聞記事に
時は6.15、読売新聞に「こたつ」「いしいさんち」が掲載されました。テーマは若者の起業です。
「こたつ」の大江さん。2010年6月15日、読売新聞夕刊より
映画「ただいまーそれぞれの居場所」試写会(2009.12.2)
ずいぶんと遅れての掲載になりました。この映画には、日本生活介護も企画で協力せていただきました。自主上映のお問い合わせはtadaima2010.comまで。
「ひぐらしのいえ」のスタッフ紹介です。

高齢者住宅「ひぐらし荘」
「生き方としての宅老所」起業する若者たち
9月11日にブルコラージュから、新しく出た本です。若者たちが、事業をはじめてながらどんどん成長していく姿がとても頼もしいと思います。
願わくば、もっともっと社会的企業としての自己主張を!!なんて言っても若いのだから。
(最後に少し書きました)
高橋知宏
(こてっちゃん家)
藤渕安生(玄玄)
菅原英樹
(羊ヶ丘の郷)

伊藤英樹
(井戸端元気)

監修:三好春樹
1,200円
発行:ブリコラージュ
発売:筒井書房
生活介護ニュース
久しぶりの更新になります。
M&Aのお知らせです。
有料老人ホーム+訪問とデイサービス
場所は神奈川県です
→ 詳しくはこちらへ
託児所宅老所ボロボロボローニャ 2012年9月1日オープン
群馬県の桐生市にオープンしました。定員は10人で、保育は耳珠事業です。託児所宅老所という名前の新しさもさることながら、ボロボロという名前も面白い。代表の徳井聡さんは、地域の巻き込み方がとても上手だと感じました。第二の井戸端になるかも……。ご近所のの方、ぜひ応援を!
ちなみに「ボロボロボローニャ」という名称は、文字通りボロ屋からきているそうです。どんなボロ屋かも今日がわきます。
〒376-0001 群馬県桐生市菱町4-2416-7
TEL&FAX:0277-32-3364
パンフレットはこちら
にぎやかな風を訪問しました
ここは、全国の授産施設の商品を販売しているショップで、イベントも随時開催しています。美味しいご当地ビールも飲めます。
店長は茶谷さんで、現役の役者さんです。関心のある方は一度訪ねて見てください。阿佐ヶ谷の街の雰囲気にぴったりとはまっています。

茶谷さんとスタッフの○○さん(名前を聞きそびれました)
2012年7月13日横浜地域ケア研
横浜の善了寺で開催されました。東北支援の報告がテーマで、安西さんと伊藤さんが話しています。善了寺の皆様から多くの義援金をいただきました。改めて御礼申し上げます。
青梅市(東京)の「デイサービスのぞみ」から、開設2周年の写真が届きました。
6月20日の東京新聞に掲載されました。
民家型デイサービスが今後も増加するとの見通しです。
5.27「排除と包摂」−だれもが生きやすい社会とは−湯浅 誠氏 講演会
5月27日、NPO法人サマリアが主催して開催され、多くの皆さんにお集まり頂きました。
ひょうたんカフェが移転しました。
少し遅い情報ですが、ひょうたんカフェが移転しました。ますます活動が広がっています。なかなか立派なことです。
移転先
〒453-0056
名古屋市中村区砂田町2-15 地図
『あなたが始めるデイサービス』三訂版発行
2001年10月25日に初版発行以来版を重ね、ついに2012年の5月15日に三訂版(累計12刷)の発行になりました。これまで多くの読者の皆様にご指示をいただきました。改めてお礼申し上げます。
この本が最初に出てからもう10年が立ちました。当時は、これほど多くの読者に恵まれるとは思ってはいませんでした。最初のまえがきには、「地域の仲間と助け合いながら介護事業を始める、そんな新しい介護事業のスタイルができたら面白いと思います」と書きました(初版2001年10月)。しかし、幾星霜、2004年になると、小さなデイサービスの輪郭がはっきりしてきて、「デイサービスの起業とは不確実な未来への投資」だと書いています。もうこの頃は、宅老所も増え始め、宅老所をモデルにした「小規模多機能」が制度化される時期になっています。すこし長いですが、当時の文を引用してみます。 「介護をめぐる未来は不透明である。いやいや少し頭をめぐらせれば年金だって当てにならないし、いつなんどき阪神大震災のような大災害がやってくるかもしれない。……今多くの人たちが漠とした不安に駆られ、お金のある人は、保険さえ掛けていれば安心だという幻想を持ち、保険に「投資」している。……デイサービスの起業とはそんな不確実な未来への投資に他ならない。自分の人生を舵取りし、いずれ自分が介護を必要とするときに得たいサービスの創作者となり、一方で職のない人に働く場を作ることもできる。それだけではない。地域の人たちとの出会いを通じて不確実な未来に備えて、何らか拠り所を地域に作り出すこともできるのである。」(続・あなたが始めるデイサービス 雲母書房)(三訂版 まえがきより)
『気づいていますか 認知症ケアの落とし穴』(通称:「落とし穴本」)
日暮の安西さんが本を出しました。
「全国の若い?介護職の方々(一部そうでない人も)が孤軍奮闘しながら、認知症ケアに取り組んでいる様子が描かれています。彼ら、彼女らと、後に続く人達への今後の励みとなるメッセージが込められています」(安西記)
レモン(我孫子)の鴨田さんがいよいよ、サービス付き高齢者住宅を始めます。来年3月の開設を目指しています。設計士はかの有名な許田さんです。奮戦記にご期待ください。
神奈川県座間市に新しいデイサービス誕生 デイサービスセンター「手をつな号」
2012年4月11日開設。10人の小規模デイサービスです。高校野球で有名な東海大相模のすぐ近くです。
場所は神奈川県座間市相模が丘5-41-57
tel.042-705-2345
Copyright (c) 2000
日本生活介護 All Rights Reserved.